パンケーキ@chu


アソーク駅付近で「ちょうどお昼だし、どこか入ろうかな?」という時によく入るのが、駅直結のエクスチェンジタワー2階にあるchuです。

 

 

 ランチ時はかなり賑わっており、近くのオフィスで働く会社員のランチスポットになっているみたい。店内はソファ席とテーブル席があり、子供用カトラリーやベビーチェアも用意してくれるので子連れでもOKです。

サンドイッチ類やパスタなど、メニューが豊富なのですが、数あるメニューの中でもパンケーキが人気!
親子共々ファンなのです。

ベリーパンケーキ、バナナ&ウォルナッツ↓

f:id:sbkklife:20190823172340j:plain
f:id:sbkklife:20190823172953j:plain

 

生地はもちふわタイプで、軽すぎず重すぎず。この生地がおいしいんですよ♡私の周りにも、ファンが多いです!
娘も大好きで、取り合いになるほど。

また、店名に"chocolate"とあるように、ここはチョコレートドリンクも有名。カカオの配分量ごとで選べるようになっています。試したいと思いつつ、毎回カフェラテを頼むので、次こそは飲んでみたいな。

 

f:id:sbkklife:20190823172542j:plain
f:id:sbkklife:20190823172653j:plain
ショーケースの中にも気になるものがたくさん!

eatigoというアプリを使って予約すると、フード類が安くなりますよ!

トラットリア、APPIA

 プロンポンにあるトラットリア、APPIA。
かなり前ですが笑、今年のバレンタインデーに行ってきました♡
ポルケッタという豚の丸焼きがおいしいらしく、気になってたんです。

場所は、Soi 31のアジアハーブアソシエーションの手前あたり。
デートにぴったりな雰囲気でした。ムーディーな雰囲気というよりも、

明るい上品なトラットリアという感じ。写真撮ればよかったな。

家族で行ったので大丈夫かな...?と思ったけど、

後からファランの家族連れが来ていたので、ホッ。笑


お通し(?)的なライスボールがなかなか美味しかった!

f:id:sbkklife:20190831180542j:plain

 

ズッキーニとチーズ、ミントのサラダは生のズッキーニを使っていて、今まで食べたことのない味!ミントの爽やかさが良い味出してました。カルボナーラのパスタも濃厚で美味。↓

f:id:sbkklife:20190831180605j:plain

 

ずーっと食べたかったポルケッタ。豚肉の脂身がカリカリしていて、かなりジューシー。横に添えられている林檎のマッシュに酸味があって、このカリカリ部分のジューシーさとベストマッチしてました。

f:id:sbkklife:20190831180652j:plain

 

〆はティラミスで。おっきかったー!

f:id:sbkklife:20190831180730j:plain

ワインの種類も豊富で、お料理もワインに合うものばかり。
デートや仲間同士で来るのにおススメ。スタッフの方も愛想がよくて良い感じでした。

次女がウロチョロ期なので、きちんと座ってお食事できるくらいになったらまた行きたいな~。

 

 

 

 

都会の中にあるお屋敷!ジム・トンプソンハウス

タイのシルク王、ジム・トンプソンが謎の失踪をするまで住んでいた生家が、現在博物館として一般公開されています。

f:id:sbkklife:20190819140229j:plain

 

BTSナショナルスタジアム駅から歩いて7〜8分、またはセンセープ運河で船に乗って行くこともできます。

 

入り口で入場料200バーツ(10歳未満は無料)を払い、中へ。

日本語でのガイドツアーがあったので、参加しました。各言語のツアーが随時開催されており、通常はタイ人の方が日本語で説明をしてくれるのですが、毎週火曜日は日本人の方が説明してくれます。

家の中には、ジム・トンプソンが生前集めていた芸術コレクションが展示されています。
家自体も、タイの伝統的建築様式を取り入れていて見応え十分!

f:id:sbkklife:20190819135856j:plain
f:id:sbkklife:20190819140051j:plain

 

庭も、たくさんの木々があって、なんだかスピリチュアルな感じ...。

f:id:sbkklife:20190819135552j:plain
f:id:sbkklife:20190819140145j:plain


と思っていると、ガイドさんが、「霊感のある人曰く、毎日午後1時頃ジム・トンプソン本人が入り口あたりに座って様子を見ている」とポロリ。
その話、なんだかわかるような気がします。この敷地内全体に不思議な空気が流れてる気がしたんですよね。

ジム・トンプソンハウスには2回来ているのですが、彼の謎の失踪や不思議な運命が興味深くて、松本清張の「熱い絹」を読み始めました、笑

敷地内にはショップやカフェ、レストランもあるので、

見学後ランチをしたり買い物をすることもできますよ。

http://www.jimthompsonhouse.com/

バンコク1のピザ!?@Peppina

 

バンコクでピザといえばPeppina。本当に美味しくて、初めて来た時に、「こんなおいしいピザが食べられるなんて!」と感動しました笑
セントラルエンバシーやトンローのコモンズ、メガバンナーにも支店がありますが、家から近いこともあって、本店に行くことが多い我が家。

場所はsukhumvit31の奥で、プロンポン駅から歩くと15分〜20分ほどかかるので、タクシーで行くのが早いです。

↓こちらがメニュー表です。

店員さんに言えば、写真付きのメニュー表も持ってきてくれます。

f:id:sbkklife:20190926182649j:plain

 

ピザも、たくさん種類があるけれど、マルゲリータは外せない!シンプルだけど、だからこそ美味しさがわかる♡
生地は薄めでもちもち、トマトが濃くておいしい。

f:id:sbkklife:20190904152908j:plain

別の日に食べたピザも美味しかった♡
生地がおいしいから全部おいしい笑

f:id:sbkklife:20190904152847j:plain

f:id:sbkklife:20190926182949j:plain

他、前菜やお肉料理もありますよ〜。↓

 

f:id:sbkklife:20190904153004j:plain
f:id:sbkklife:20190904153146j:plain

 

f:id:sbkklife:20190926182739j:plain
f:id:sbkklife:20190926183346j:plain

 

バンコクのピザをあなどるなかれ。意外や意外、イタリアンのレベル高いと思います。Penninaは娘も大好きです。ベビーチェア、子供用カトラリーもありますよ。

平日は、前菜+メインまたはメイン+デザートのランチセットや、前菜+メイン+デザートのセットもあるので、要チェックです!

アフタヌーンティー@The Peninsula Bangkok

アフタヌーンティー第3弾はペニンシュラホテル。

f:id:sbkklife:20190828180132j:plain

 

在住者プロモーションで宿泊した際、特典としてスパ or アフタヌーンティーどちらかが選べたのでアフタヌーンティーをチョイスしたんです。

ペニンシュラホテルはチャオプラヤ川の対岸にあり、BTSサパーンタクシン駅から専用のシャトルボートで向かいます。

 

ザ・ロビーにて、時間は14:00〜18:00。
ソファ席とテーブル席があり、子連れの私たちはソファ席に案内されました。
通常、お値段は2人分で1400バーツ(税サ別)です。ワンドリンクついており、お紅茶はマリアージュフレールです。

f:id:sbkklife:20190819140527j:plain

 

上の2段がスイーツ類、下の段がスコーン、別の1皿がフィンガーサンドイッチ。

f:id:sbkklife:20190822135650j:plain
f:id:sbkklife:20190819142421j:plain

このフィンガーサンドイッチ、シンプルだけど味も見た目も工夫されていてとても美味しかったです。
スイーツ系は結構甘めでした。

娘には、飽きないようにこのようなものを用意してくれました!ありがたい。

f:id:sbkklife:20190822135602j:plain

子供用カトラリーもペニンシュラベア♡でしたよ!

 

シックで落ち着いた空間でした。この雰囲気好きです。ザ・ロビーの前ではタイの伝統文化を見せてくれるスペースがあり(フルーツカービングやプランマーライ作りなど)、外国人にとっては嬉しいサービスだな、と思いました。

ホテルステイも満足度高かったです♡

f:id:sbkklife:20190819143727j:plain
f:id:sbkklife:20190828180250j:plain

 

https://www.peninsula.com/en/bangkok/hotel-fine-dining/the-lobby-afternoon-tea

 

フルーツパフェのお店、Parden

バンコクにはおいしいフルーツがたくさん。マンゴーにライチ、マンゴスチンetc.
街中にはフルーツ屋台やスムージー屋台がそこらじゅうにありますが、フルーツを最高に美味しく食べられるお店がここ、Pardenです。
季節のフルーツパフェはシーズンごとに変わり、行く度に季節ごとにおいしいフルーツを食べることができる!
シーズンごとに通いたいお店で、実際通っている駐妻さんも多いと思います笑

場所はプロンポン、soi 39の、世界の山ちゃんが入っている建物の2階にあります。

 

5月に行った時のラインナップがこちら。↓

f:id:sbkklife:20190822140857j:plain

 

この時はオーガニックマンゴスチンパフェとチェンマイ産黄桃のパフェを注文しました。
お友達と数種類を頼んでシェアすると、それぞれの味が楽しめるので良いかも。

f:id:sbkklife:20190822141448j:plain

 

マンゴスチンパフェはバニラアイスクリームがベースになっており、黄桃の方はヨーグルトが。それぞれの下にもマンゴスチンや黄桃がゴロッと入っています。お友達と一緒に食べたのですが、「ヤバイ〜!美味しすぎる!」と喜びを噛み締めながら笑、いただきました。

別の日に食べたいちじくのパフェと桜桃のパフェ↓

f:id:sbkklife:20190822141823j:plain

お店には雑貨も売っていて、アクセサリーやフルーツのマグネットなど、ついつい買いたくなるものばかり。

また、子連れもOKだけれど、1人1オーダーがマストだそう。雑貨を扱っていることもあり、騒いだりしちゃうとちょっと...って感じでした。うちの次女はまさにウロチョロウロチョロ期なので、ちょっと難しいな。

バンコクのおいしいフルーツを、ベストコンディションでおいしく食べられるお店がPardenです。

バンコクでデジタルアート!FROM MONET TO KANSINSKY@リバーシティバンコク

今年の6月頃、チャオプラヤ川沿いにあるRiver City Bangkokにて開催されていた"FROM MONET TO KANSINSKY"へ行ってきました。(現在このテーマは終了してます)

River City Bangkokは、主に骨董品や芸術品などを扱うショッピングモール。サトーン船着き場からシャトルボートが出ています。

 

"FROM MONET TO KANSINSKY"は、モネからカンジンスキーまでの時代の芸術作品を、デジタルアートで再現した展覧会。
音楽とともに、映像が流れてくる、というアジア初の試みだそう。

人の芸術家の説明が展示されているスペースとデジタルアートを実際に見るスペースの2つに分かれていました。

f:id:sbkklife:20190903154804j:plain
f:id:sbkklife:20190903154710j:plain
f:id:sbkklife:20190903154734j:plain
f:id:sbkklife:20190903154646j:plain

 

暗い中で、音楽に合わせて映像が映し出されます。↓

f:id:sbkklife:20190903154143j:plain

f:id:sbkklife:20190903154256j:plain
f:id:sbkklife:20190903154418j:plain
f:id:sbkklife:20190903154324j:plain
f:id:sbkklife:20190903154504j:plain

 

アジア初ということで、こういった展覧会は初めてでした。本物の絵を見るのも良いけれど、デジタルアートで見るのもなかなか面白い!新鮮でした。
椅子やビーズクッションがあるので、映像が変わっていくのをゆっくり見ることができ、ずーっといられるかも。寝転がりながら見ている人も。
バンコクでモネやルノアールらの作品を見ることが出来て嬉しかったです。

しかし室内は冷房効きまくりなので、カーディガン必須。
現在のテーマは"ITALIEN RENAISSANCE"。2019年10月31日までやっています。
これも行かなくては〜!